システム会社のリモートワークってどんなの?

急ですが…当社はシステム開発の会社です。

IT会社?というと、なんだか広すぎなので、やはりシステム開発会社があっているかな…と。

そんなシステム開発を行うのは「エンジニア」と呼ばれる職業。

コロナの影響でエンジニアやプログラマもリモートワークでの勤務が増えていますが、

以前から「リモートワークにエンジニアやプログラマは向いている」と言われてきました。

その理由は「場所」に依存しないで開発を行うことができることが多いから。

エンジニアやプログラマという職業は

お客様との間に信頼関係を築き、きちんとした成果物を納品すれば

場所にこだわる必要性がないことが多いためです。

特に、WEB系のエンジニアはリモートワークに向いているといわれています。

ネット環境とPCさえあれば仕事が可能なことが多いからかもしれませんね。


さて、そんなリモートワーク、おうちワークが適しているとされている私たちの職業ですが…。

どんな様子なのか、実際にリモートワーク中のメンバーに聞いてみました!


客先常駐から現在は自宅でリモートワーク中のTさんに話を聞きました


<リモートワークのメリットは?>

〇通勤ラッシュがない

 今までは出社するだけで疲れてしまっていたり、梅雨時も大変でしたが今は通勤ラッシュがない!

 単純に出社、帰宅の時間が約2時間違います。


〇周囲の目をきにせず仕事ができる

 自分のタイミングで休憩を取り、気分転換など気軽にできる


〇時間の融通がききやすい

 好きな時間に働くことができるので時間の自由性が高い



〇家族と過ごす時間が増えた

 今までは残業することもあり、土日の休みは疲れて寝ていることが多く、家族と過ごす時間が少なかったが

 子供たちとおやつの時間を一緒に過ごしたり、時間が増えた



<リモートワークのデメリットは?>

〇仕事とプレイベートのメリハリがつきにくい

 いつまで仕事をして、いつ休憩をとればいいのかわからない

 仕事の通知がくるんじゃないかと、いつも気にするようになり作業が深夜になりがち


〇人とのコミュニケーションがなくなる

 出社することもなくなれば、人と会うこともなくなり、一人の空間に閉じこもりがち


〇運動不足になる

 今までは駅まで徒歩25分ほど歩いていましたが、今は全く歩いていない


〇食事バランスが偏りがち

 今までは「昨日のお昼はあれを食べたから、今日は控えめにそばにしよう」とメニューバランスを考えたりしていた また帰宅途中のスーパーで食材を購入し、料理して食べることも多かったが最近は、手軽なものインスタントなどが多くなりがち…お菓子の食べる量も増えているような気がする



こんな感じでリアルな感想が聞けました。

リモートワークのメリットである「自由性」これが、デメリットにも影響しているようですね。

家族との時間は増えたけども、集中して仕事ができる環境がないと難しい…などという声も。



勝手に考えたリモートワークのポイント▼

・自分自身で仕事の時間、休憩する時間を決める

・深夜業務にならないよう気を付ける

・食事バランスを考えてできるだけ決まった時間に食べる

・コミュニケーションを心がける(たまには電話で話してみるのもあり)

・ストレスをためないように発散方法を見つけておく

・適度な運動!


そして女性社員からはこんなコメントも

「リモート会議の時はクローゼットの中に閉じこもったままの服を着てみたり、いつもとは違うメイクに挑戦しています。」

なるほど…今までと違った自分探しをするのもいいかもしれませんね。

オンライン飲み会で雑談で大爆笑!そんなストレス発散もいいかも。


社員みんなで笑ってビールを交わせる日常が早く来てほしいと願い、今を乗り越えましょう。




2021.01.27 MARKS投稿

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。